大人でも楽しめるぬりえ

私は子供の頃からぬりえが大好きで暇さえあればぬりえをして遊んでいました。そんな子供の頃から好きだったぬりえに大人になってもハマった時期がありました。

今は全然やっていないのですが、数年前にぬりえにハマりました。普通にキャラクター物のぬりえなどを買ってきて、色鉛筆でせっせこ塗っていました。ぬりえは疲れていて何も考えたくないという時に無心になれて良いです。塗る前は真っ白だったぬりえが、塗る事によって色鮮やかなページになるのが心地良かったです。色んな色で目が癒やされたのかなと思います。

今は子供が塗るぬりえでも結構細かくて難しいので、大人でもハマれると思います。それでも物足りないとかいう時は、大人のぬりえなども売っているのでそちらも良いなと思います。

ぬりえは安いですし、一冊買えば何ページもあるのでしばらく没頭出来て良いです。子供とかは塗っているうちにどんどん上達していきますので、ゲームとかをやるよりはずっと経済的で良い遊びだなと思います。

ブログやってて良かった。

ブログを毎日更新していて本当に楽しいです。

これとは別のブログで、たくさんやってます。因みにこっちのブログは、月一回くらいの更新です。
1日にどこまでネタがあるんですか?と訊かれるくらいに数記事更新しちゃうくらいブログ大好き人間。

まぁ、たまには休もうって1日だけ更新休んで翌日からはいつものように記事更新を頑張る。

頑張るって言い方は変かもしれないけど、本当は頑張っているというか空気を吸うように自然にというのが近いかも。
すっかり私のライフワークです。

何よりもブログを通して知り合えることもなかったジャンルやお仕事のブロガーさん達とコメントやメッセージ、または記事での紹介でますます楽しい輪が広がったことですね。

田舎に住んでいても遠くに住んでいるブロガーさん達とパソコンのモニター越しに繋がれる。リアルで会えなくても決してバーチャルじゃないというのがブログの魅力のひとつ。

ブログを通してリアルでの周囲の人に相談できないこともブロガーさんにメッセージをしてハートに響くようなアドバイスしてもらったことも多々あります。感謝してもし足りないくらい。

だから、ホントにブログやってて良かった。

自家製簡単和菓子

和菓子を家で作ってみたらハマってしまった。
レンジを多用するのでお手軽だし、安上がりだ。

作り方を教わったのは勤め先の介護施設の年配職員だ。料理上手で、助言を度々戴き助かっている。経験は宝、まさに生き字引なのだ。

まずは水饅頭。

水1カップと砂糖・片栗粉各大匙1半を中火にかけて混ぜる。とろみが付いたら火を弱め、ヘラで練る。透明になったら汁・果物・汁の順で容器に流し入れ、冷蔵庫で30分程冷やす。周りが固まれば完成だ。

梨も美味しいが、万人受けするのは桃缶かな。

外郎も簡単だ。

湯・砂糖・薄力粉を3:1:1の割合で混ぜ、スチーマーで10分レンチン。食感はもったりとした感じ。次は抹茶の粉末を入れて着色しよう。歯茎で潰せる柔らかい和菓子のおやつは、勤め先の高齢入所者にも好評だ。食の喜びがリハビリ意欲に繋がるとも聞く。

人間、最後に残るのは食の楽しみ、か…

介護用の易消化型和菓子がもっと市販品にも増えたらいいのにな。

初エッチの相手は妹だと知ってショックを受けた人の事

初エッチの相手が妹だという男の人は結構いるんじゃないでしょうか。
まあ世間的に見れば兄妹同士なので変人扱いされるかもしれません。

どうしてそういう関係になったのか理由は人それぞれだと思います。
ただ単に異性の体に興味があって、たまたま近くにいる妹で試したとか。

もしくは本当に妹の事を愛していて、自然に体の関係をもってしまったとか。
いろいろな人がいると思いますが、別にそれはそれでいいと思います。

そして、実際に漫画にもこういう内容の作品があります。
タイトルはそのまま「初エッチの相手は妹」です。
因みに漫画では逆で、妹がお兄ちゃんの事が大好きていう設定です。

通常兄と妹という展開が多いですが、先日知人から聞いたのですが実は女同士でもあり得るという事。
知人の友達の彼女の初めての相手が妹だったらしいのです。
それを知ってとてもショックを受けたようです。

まだ相手が弟じゃなくてよかったと言ってましたが、それを知った人はやっぱり驚きますよね。
そしてその人はどうなったのかというと、別に分かれる事もなく今でもお付き合いしてるみたいです。
世の中にはいろいろな人がいるもんですね。

俺得修学旅行なんて実現するのは難しいです。

みんな最近俺得修学旅行の漫画の影響で、自分もそういう旅行をしたいと願う人が多くなりましたね。
でもこれはなかなか難しいです。
だって、まずは女装しても男だとバレない容姿の男なんて世の中に殆どいません。
しかも、運よく姉が修学旅行前日に具合が悪くなる確率も極めて低いですからね。

もし仮に姉の代わりに修学旅行に参加できたとして、すぐに男だとバレてしまうはずです。
周りの人間が気が付かないわけがないです。

でも、俺得修学旅行が絶対に不可能という訳ではないです。
男女共学の学校ならば、上手くいけば俺得な展開に持ち込めるかもしれません。

ただそこで厄介なのは、先生の見回りですね。
上手くその見回りさえ乗り切ってしまえば何とかなりそうです。
女子生徒も修学旅行とかは結構テンションが高くなってますから、誘いやすいはずです。

これなら女装する必要もありませんからね。
さすがに漫画のような展開は難しいかもしれませんが、一生の思い出になるような出来事が起こるかもしれませんね。